書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2003年3月17日(月)「しんぶん赤旗」

真理と道理の党の勝利を

山口・岩国市 市田書記局長が訴え


 日本共産党山口県委員会と東部地区委員会は十六日、岩国市の岩国市民会館で市田忠義書記局長を迎えて演説会を開き、八百人が参加しました。

 いっせい地方選挙の東部地域の候補者九人が紹介され、久米けいすけ県議が決意表明、中林よし子衆院議員のメッセージが紹介されました。

 市田書記局長は、緊迫するイラク情勢について、武力行使に道を開く米英などの決議を後押しする小泉内閣を批判。また米軍岩国基地所属の航空部隊がイラク南部での作戦行動に参加していることも示し、米国追随の日本政府の姿勢は日本をテロの危険に直面させるものであることを指摘しました。

 くらし・経済問題では、小泉「改革」が破たんし国民の命さえ脅かされるもと、「四つの緊急要求」など日本共産党の主張が政治を動かす大きな力を発揮していることを明らかにしました。

 山口県政について、米軍岩国基地の沖合移設にふれ、埋め立てのための開発に県と岩国市が二百億円近くを投入しようとしていることを告発、「日本共産党の躍進で、基地の増強にも、市民に負担をかぶせるやり方にもストップをかけよう」とよびかけました。

 最後に公明党・創価学会などの北朝鮮問題や医療事故を使っての反共攻撃に反撃。「真理と道理が勝つためには相手より早く、大規模な活動が求められている」とのべ党の躍進を訴えました。

 藤本脩さん(72)は「自分の気に入らない国は武力を使ってでも圧力をかけようとするアメリカの横暴とそれに追随する日本政府の姿勢がよくわかった。平和、くらしのため共産党を応援する」と話していました。