書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2003年3月12日(水)「しんぶん赤旗」

「共産党がんばって」の声

市田書記局長が訴え


 東京都内では、全国いっせいの日本共産党街頭演説に志位和夫委員長をはじめ、市田忠義書記局長、筆坂秀世政策委員長、穀田恵二国対委員長ら党幹部が立ち、寒風が吹きつけるなか、帰宅を急ぐサラリーマンや若者にイラク戦争反対を訴えました。渋谷駅頭で演説に聞き入っていた野村雄一郎さん(25)は「ここまで反戦のうねりがでてきたことは今までなかった。武力行使を支持する日本の政府は間違っている」と語っていました。

新橋で 市田書記局長

写真

日本共産党のイラク戦争反対全国いっせい行動で街頭演説する市田書記局長(中央)。左は松村都議。右は司会の窪田前都議=11日、東京・新橋駅ゆりかもめ口

 JR新橋駅前でマイクを握った市田書記局長は「日本共産党は八十年、命がけで反戦平和を貫いてきた党です。世論と運動こそ、戦争をくい止める力。思想信条の違いを超え、イラク問題の平和的解決を求める声を日本中に広げに広げ、ご一緒に立ち上がりましょう」とよびかけました。

 かつての東京大空襲では一瞬で十万人の命が失われたことに触れ、「イラク攻撃で罪なき人びとの命を奪うことは許されない」と指摘。世界で広がる戦争反対の巨大な流れにたいし、日本政府・与党が「誤ったメッセージ」(小泉首相)「利敵行為」(冬柴公明党幹事長)などとのべていることについて、「反戦世論を敵視する自民党、公明党こそ、平和と民主主義の敵です」と厳しく批判しました。

 通りがかった人たちは次々と「イラク戦争に反対です」と書かれたビラを受け取り、「私も反対です」と語りかけてくる若い女性や、「ごくろうさま」と声をかける男性の姿もありました。