書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2003年1月11日(土)「しんぶん赤旗」

世界平和を脅かす行為 核開発の放棄を求める

市田書記局長が談話


 北朝鮮が核不拡散条約(NPT)脱退を表明したことにたいして日本共産党の市田忠義書記局長は十日、次の談話を発表しました。

 本日、北朝鮮は、核不拡散条約(NPT)からの脱退を表明した。この間、北朝鮮は、米朝枠組み合意の破棄や国際原子力機関(IAEA)の査察拒否など、国際的約束をつぎつぎと破ってきたが、今回の脱退表明は、核開発にむけてさらに重大な一歩をすすめようとするものである。

 わが党は、一部の国による核兵器の独占を体制化するNPT条約には反対する態度をとってきたが、これは、核兵器の全面廃絶の立場に立ってのことであって、核兵器保有国の新たな増大を容認するものではない。いったんこの条約に加盟して、核兵器を保有しない意思を表明した国が、この条約から脱退して核兵器保有への道をめざすことは、世界平和を脅かす行為であって、いかなる理由によっても正当化されえないものである。

 「日朝平壌宣言」は、核についてあらゆる国際的合意を順守することを明記している。同宣言にてらしても、北朝鮮が核開発の推進の行動をただちに中止し、その計画を放棄するとともに、核にかかわる国際的約束を順守する立場に立ちもどることを、あらためて強く要求する。