書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2002年9月29日(日)「しんぶん赤旗」

市田書記局長、穀田国対委員長が胡錦濤中国国家副主席とあいさつ

北京のレセプションで


 日中友好議員連盟の一員として中国を訪問中の日本共産党の市田忠義書記局長、穀田恵二国対委員長は二十八日夜、北京の人民大会堂で開かれた中日友好協会、中国人民対外友好協会主催の日中国交回復三十周年レセプションに出席しました。レセプションには両国の政界はじめ各界から五百人が参加しました。

 市田、穀田両氏はこの席で、中国側主賓の胡錦濤国家副主席とあいさつを交わしました。市田氏は「四年前、わが党と中国共産党の関係正常化のため訪中してお会いして以来、四年ぶりです。再会できてうれしく思います」と言葉をかけ、胡副主席は「この間、両国と両党の関係がいっそう進み、友好と親善が着実に発展していることを喜んでいます」と述べました。

 市田、穀田両氏は曽慶紅中国共産党組織部長ともあいさつしました。市田氏は二年前、曽氏が来日して不破哲三委員長(当時)と会談した際、顔を合わせています。

 レセプションに先立って日中友好議員連盟訪中団(団長=林義郎同議員連盟会長)と、村山富市、橋本龍太郎両元首相ら日中団体関係者は人民大会堂内で胡錦濤副主席と会談しました。
 またこの日午後、友好議員連盟一行は、中国共産主義青年団の周強第一書記と懇談。「若手議員の声も」の要請に、穀田国対委員長も発言しました。