書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2002年10月4日(金)「しんぶん赤旗」

日本共産党が中東諸国に代表派遣

緒方国際局長、森原同次長あす出発

イラク、ヨルダン、エジプト、UAEなど

市田書記局長が発表


 

記者会見する市田忠義書記局長(中央)、緒方靖夫国際局長(左)、森原公敏国際局次長=3日、国会内

 日本共産党の市田忠義書記局長は三日、国会内で記者会見し、五日から中東諸国に党代表として緒方靖夫参議院議員・国際局長と森原公敏国際局次長の二人を派遣すると発表しました。会見には緒方、森原両氏が同席しました。

 市田氏は、今月十五日におこなわれるイラクの大統領信任国民投票に際し、同政府から選挙監視あるいは政府関係者との話し合いのため日本共産党の代表を招きたいとの招待があったことを紹介。「イラク問題は国際政治の焦点となっており、イラクと中東の情勢をより的確に把握できるように招待に応じると同時に、ヨルダン、エジプト、アラブ首長国連邦(UAE)などを訪問し、各国の政府や国会関係者と会って意見交換することにしている」とのべました。

 市田氏は、緒方、森原両氏が前記の国々(訪問順にヨルダン、イラク、エジプト、UAEなど)を訪問するのに加え、エジプトのカイロに本部を置くアラブ連盟など関係国際機関とも意見交換をおこなうことを明らかにしました。

 代表派遣の日程は、五日から二週間あまりの予定です。