Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2013年12月19日 記者会見
■引き続き疑惑の究明と責任追及を
猪瀬氏辞任 市田書記局長が会見

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=19日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=19日、国会内
 日本共産党の市田忠義書記局長は19日、猪瀬直樹都知事の辞意表明受けて国会内で記者会見し、「辞任は当然だ。同時に、疑惑の真相究明と責任追及は引き続きおこなう必要がある」と指摘しました。

 市田氏は、猪瀬氏が徳洲会グループから受け取った5000万円について「お金で都政がゆがめられた疑いが極めて濃い。とりわけ、東電病院の売却をめぐる贈収賄の疑いが都議会の議論を通じて明らかになった。『不徳のいたすところ』でごまかしてはならない」と批判しました。

 そのうえで、「猪瀬都政を支えてきた会派の責任も重大だ。唯一の野党として『革新都政をつくる会』や広範な都民のみなさんと協力して、都政刷新にふさわしい候補者擁立のためにただちに準備に取りかかりたい」と表明しました。

 都知事選の争点について問われた市田氏は、「自治体の一番の仕事は住民の福祉・暮らし・教育の向上に尽くすことだ。一人ひとりの都民の暮らし・福祉の問題が極めて大きな争点だ」と強調しました。また、「憲法と地方自治を守るという立場を明確にして『基地のない平和な東京』『全国に憲法にもとづく平和の声が発信できる都政』にすることも重要な争点になると思う」と語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。