Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2013年10月21日 記者会見
■汚染水
早急に国が全責任を負う体制を
市田書記局長が会見

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=21日、国会内
(写真)記者会見する市田忠義書記局長=21日、国会内
 日本共産党の市田忠義書記局長は21日、国会内で記者会見し、福島第1原発の汚染水タンク群を囲む堰(せき)から大量の放射能汚染水が流出する事態が続いていることについて、「極めて重大だ。早急に国が全責任を負う体制を構築することが求められている」と語りました。

 市田氏は、20日の流出では高濃度の放射性物質(ストロンチウム90)が検出されたことをあげて、「東電はまったく無策だ。これまでも勝手に『雨水』と称して放出し、その後も自ら定めた『暫定基準値』や手順さえ守らずに放出をしている。極めて安易だ」と厳しく批判しました。

 そのうえで、「重大なのは、『国が前面に出る』といいながら、まったく手だてを講じていないことだ。完全に『東電まかせ』になっている。原子力規制委員会が東電の『暫定基準値』を認めただけで、政府としての発表もなく、何らの具体策も示していない。『東電まかせ』が今日の事態を招いている」と指摘しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。