Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
人・であい
『女子高校生からの手紙』

 参議院選挙が終わった直後にある女子高校生から別紙の手紙が届いた。

 今年の2月、ある県の演説会に弁士として参加した。その時のアンケートに住所・氏名が書いてあったので、私が御礼のハガキを出した、その人からである。

 なんとしっかりした高校生だろう。まだ一年生らしい。いただいた手紙を紹介する。


市田忠義書記局長様

 こんにちは。私は共産党を支持している高校生の一人です。先日はお手紙をいただき、本当にありがとうございました。感謝の気持ちで一杯です。そして、参議院選挙での大躍進おめでとうございます。都議選以降、共産党の勢いが新聞で報道され、私はどきどきしていました。安倍政権の暴走に危機感を持っていたからです。「自共対決」という言葉がとてもしっくりする選挙でした。全党のマニフェストを読み比べてもそう感じましたし、今まで党が歩んできた道を考えてもそれは明らかだったと思います。共産党に期待することはたくさんありますが、特に頑張ってほしいのは憲法を守ることと原発を無くすことです。私は憲法9条が大好きです。平和憲法を生かした政治をしてください。また、県内には〇〇原発があり、○○地震で爆発するかと思うと怖いです。早く廃炉にしてほしいです。

 私は、議席の増えた共産党がこれからさらに頑張ってくれることを期待しています。共産党のように立派な歴史があり、草の根で国民と結びついている党は他にありません。これからも弱者の味方として頑張ってください。でも、お体は大切になさってくださいね。

 私も市田さんみたいになれるよう、勉学に励み、本をたくさん読み、色々な人のお話を聴いていくつもりです。様々な経験を積んでいきたいです。

 お忙しい中、お読みいただきありがとうございました。また、○○県に来てください。
お待ちしています。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。